95's Diary

95の徒然なる日記です。
六ヶ所村ラプソディー
e0125059_23354864.jpg
いろんな人から話を聞くうちに見てみたくなった「六ヶ所村ラプソディー」

「ケンダイ映画館をつくる準備会」の主催で大学で上映会が行われるらしいという話を聞きつけ、見てきました。

舞台は青森県六カ所村、核燃料再処理工場を巡る人間模様を描いたドキュメンタリーです。

核燃料再処理工場反対!という立場ではなく、あくまで「中立」として映画を制作しているのが印象的でした。そのあたりは「不都合な真実」とは対照的。

映画では「800トンの核廃棄物を再処理して得られるプルトニウムは8トン程度」だと説明されていました。つまり残りの792トンはより放射性物質の濃度の高い核廃棄物になって残るということ。その核廃棄物が安全な状態にまで戻るのはおよそ100万年かかるのだそうです。「地中300メートル以上深く埋められているから安全」と言われていますが、本当に300メートルでいいのかわかりません。さらにいえば、日本のような地震の多い国で今後100万年間で廃棄施設が地震の被害を受けるともわからない。

「そのころには死んでるやん」と思うなかれ。これからの100万年間、私たち以降の世代が危険にさらされ続けることになります。なぜ日本政府はこれほどまでにリスクの高い原子力発電に依存し続けているのでしょうか?

確かに私たちの生産生活はもはや電力なしではできなくなりつつあります。大量の電気を消費しなければ、このブログも書けないでしょう。「だからこそ原子力が必要だ」ではなく、今の生活のありようと、今後100万年のあり方を考えなければいけないのでしょう。
[PR]
by haruya95 | 2008-07-20 01:35 | 徒然…
<< ポラロイド×ポラロイド 夏の道の途中に >>


by haruya95
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
profile
久郷 晴哉(クゴウハルヤ)
haruya kugo

1984年生まれ。

2007年
滋賀県立大学 環境科学部
環境・建築デザイン専攻
卒業
2009年
同大学大学院 環境科学研究科
卒業

現在はデザイン関係の仕事に
ついてます。

TOKYO POLAROIDS
SHIGA アカロイド



Links
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧