95's Diary

95の徒然なる日記です。
<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
高校サッカー開幕
高校サッカー選手権大会始まりましたね。

年末から全国大会が始まり、正月の間に試合が進みます。
気がつけば決勝だったなんてことも多々で。
僕にはサッカー中継とみかんが正月のイメージです。

ところで、今年も滋賀は野洲高校が出場を決めています。
今日はその初戦、韮崎高校との一戦。

野洲はボールポゼッションを高め、個人技なども含めた魅せるサッカーを展開、
対して韮崎は早めのプレスなど運動量も高く、オーソドックスなサッカーをしていました。

結果的には1−0と野洲が勝利しましたが、韮崎の方がおしい場面は多かったように思います。
特に後半終わり際のキーパーに弾かれゴールのすぐ横にボールが逸れたときなんか声を上げてしまいました。
こんなとき、本当に数センチが勝負を決めます。
たった数センチがいろんな感情を生み出していきます。

試合が終わる瞬間、崩れ落ちる選手もいました。
涙をこらえている選手もいました。

高校の3年間は今から考えると本当に短い期間です。
しかし、夢中になって過ごした3年間が終わる瞬間というのは、
やった人間にしかわからないんだと思います。

いろんな感情が込み上げてくるとともに、
今の自分が大学を出るとき、
そんなふうになれるだろうかと自問自答しています。

チャンスをきちんと結果に変えた野洲高校。
ひとまず、初戦突破おめでとうございます。
2回戦もがんばってください!
[PR]
by haruya95 | 2007-12-31 15:08 | 徒然…
松本空間工房コンペ続報
松本空間工房マンションインテリアデザインコンペの一次審査通過者が公開されていました。

http://www.matsumoto-kuukankoubou.co.jp/contest_2.htm

あい間(尾田昌之+久郷晴哉)

ざっと見渡してみて、正直なところ
よく通ったな。
という感じです。

10作品の中ではヴィジュアルの色合いとかが薄い。

ボードとしてずらっとならんだ時に
まったく目立つ気がしません。

そんなプレゼンボードに使われたパース(のようなもの?)↓
e0125059_931575.jpg

個人的に色鉛筆なんかのやわらかい色合いが好きなんです。
CGではあまりだせません(僕の技量では)

e0125059_933273.jpg


なんにせよ2次の模型〆切間近です。
[PR]
by haruya95 | 2007-12-15 09:14 | 建築
石山×打ち合わせ=社会勉強?
今、滋賀県大津市の石山商店街に関わって活動をしています。

今日はその打ち合わせでした。

と、いってもまだまだ関わりはじめたばかりなので、
プロジェクトを進めていくはこれからですが。

前回、会議に参加させていただいたのですが、
コミュニケーションが不足していたこともあって食い違いがでてしまいました。
基本的には自分の説明不足でした。

その反省ふまえ
そしてお互いに意見を共有するべく
たっぷり、、、とまではいかないかもしれませんが、
打ち合わせ(意見交換)2時間+ご飯2時間の計4時間
じっくり話すことができました。

まちづくりに関して提案する時にすごく不安になっていたことがあります。

それは時間のことです。

まちづくり(便宜上そういう名でいいます)をしていこうとなったとき、
それはとても長いスパンで考えなければなりません。
しかし、学生として関わっていられる時間は限られています。
もちろん卒業しても関わっていたいと思います。
ただ、
自分の言ったことが無責任な発言になるんじゃないか?

正直そんなふうに心配していました。

幸いにも、そうじゃないよ、一緒にがんばってゆきましょう
と暖かいお言葉を頂き、
とても勇気づけられました。

本当にいろんなお話ができて、
次の会議が今からとても楽しみです。

実は…
いろんな社会勉強もさせてもらっています。

学ぶことは無限にある!
[PR]
by haruya95 | 2007-12-12 02:04 | 地域
写真のこと
e0125059_2235576.jpg


写真が好きです。

自分が撮るのも、

人が撮ったのを見るのも。

最近はポラロイドカメラにはまっています。
デジタルカメラは記録用。
よくデジタルカメラで撮ったりもしますが、
ポラロイドで撮る時のあの覚悟がいる感じが好きですね。

「撮るぞ!」って。
1回のシャッターにドキドキ…



パシャ!!

じゃーーーーー…



あちゃー!なんて

一枚一枚に一喜一憂です。


ちなみに使ってるのはSX-70 AUTOFOCUS MODEL2です。
e0125059_2233811.jpg

ヨーロッパ旅行で偶然行われていた蚤の市で見つけました。
見た瞬間思いました。

「買いっ!」

慣れない英語で値切って
結局30ユーロで買いました。
日本じゃありえないです。
まさに掘り出し物。

折り畳んだ時のコンパクトな感じや、
展開する時のギミックがたまりません。
e0125059_2235387.jpg


まだまだ失敗の数が多いですが、
それもある意味あじ!(言い訳)
楽しんでます。
[PR]
by haruya95 | 2007-12-09 22:26 | 写真
生きる滋賀力!
午後は地域づくりセミナーの公開特別講義。
滋賀県知事の嘉田由紀子さんの講演に参加しました。

県政でご多忙の中でしたが、
本当にほがらかなそのお人柄が会場を包みこんでいるようでした。

「世界の中で生きる滋賀」
というタイトルのもと

前半は嘉田知事の講演、
後半は黒田末壽教授との対談。
e0125059_17553034.jpg

嘉田さんのアフリカにおられていた時に感じた
生きるということの素晴らしさ、
日本にいるなかで感じられた
生きるということの難しさ

あたりまえに感じていながら、
繊細に、
鋭敏に、または鈍感に
生きづらさを感じている人達がいます。

社会がそうなのか?
自分がそうなのか?

嘉田知事は聴講者に投げかけます。


特に対談の中で、
嘉多知事のご自身の子育てのときの

1時間はきちんと正面から子供と向き合い、愛してあげること。
忙しいからと、自分をおろそかにする理由を子供に着せないこと。

というお話には深く胸を打つものがありました。


講演後、学座生として
座談会に参加することができました。
短い時間でしたが、
学座生一人一人と真摯に向き合ってくださり、会話をさせていただきました。
e0125059_17554711.jpg
写真:近藤 紀章

今、日本に世界に対して
滋賀が発信できることがたくさんあります。
滋賀だからこそ発信しなければならないこともたくさんあります。

琵琶湖があり、街があり、山があり、森があり、川があり、
文化があり、伝統があり、歴史があり、工業があり、、、

本当にいろんなものが全体性をもってバランスをとっている
すばらしい地域です。

滋賀が掲げる基本構想
人の力を生かす
自然の力を生かす
地と知の力を生かす。

真剣に生きることを通して見えてくるもの
僕は学びたいと思います。

まだまだ頭でっかちで微力ですが、
「滋賀力」を発信していく一電波棟になれたらと思います。
e0125059_17561610.jpg
写真:近藤 紀章

久郷晴哉
[PR]
by haruya95 | 2007-12-08 18:01 | 地域
コミュニティアーキテクトは輝いて
第1回近江地域再生フォーラムに参加してきました。

これは滋賀県立大学「近江環人」地域再生学座
地域再生会議の拡大会議として催されたものです。

「野洲市における環境を中心とした地域再生の試み」
という遠藤由隆氏の講演から始まり、
e0125059_175391.jpg
写真:近藤 紀章

私も2期生として参加している地域再生学座の
1期生の先輩方がコミュニティアーキテクトとして
実践で行われてきたことの現場報告や
e0125059_1784669.jpg

e0125059_1791416.jpg


「近江楽座」のプロジェクト報告会など

特に1期生の先輩方の
地域に対する鋭く深い想いやその具現化されたプロジェクトなどは
心を打つとともに

自分もがんばらねば!と改めて思わされます。

久郷晴哉
[PR]
by haruya95 | 2007-12-08 17:14 | 地域
メール道にブログ道は険しくも…
人間文化学部セミナーにて久米信行さんのお話を聞いてきました。

久米信行さんは久米繊維工業株式会社代表取締役をなされて、
著書に「ブログ道」「メール道」など
伝統的ものづくりからICTまで、幅広くご活躍をされています。

最近では LIVE EARTHの公式Tシャツを手がけられたり、
聞けば聞くほど、驚くことがでてきます。
e0125059_117623.jpg


講演は先生の穏やかな語り口調とそのプレゼンテーションの見事さに
多くの人が引き込まれていました。
僕もそんな一人です。

もともと伝統的ものづくりとIT技術は今後切っても切れない関係になるだろうと考えていたので、この講演は本当に楽しみにしていました。
不覚にも事前学習を怠ってしまったわけですが…。

インターネットは現在はあくまで仮想の世界だと考えています。
最近ではセカンドライフ上に大手企業が乗り出したり、
そのなかでものごとがやりとりされていることにとても違和感を感じています。

現実にある繊細な質感を大切にしてこそ、
インターネットの流通力が生きてくる。

情報過社会の中で


何が価値があるのか?

何が生きた情報か?

何を信用足るか?


私たちはきちんと「選択」しなければならないと思います。

最後はにぎやかな鍋パーティーとなりました。
e0125059_1171818.jpg


学生一人一人の話しも熱心に聞かれていて、
一人一人に対して真剣に話されている様は
まるで和尚様のようでした(勝手に失礼なこといって本当にすみません)。
e0125059_1173019.jpg


久米先生を囲んで記念撮影。
e0125059_1174479.jpg

私 久郷晴哉も先生の右背後におります。

ブログやメールの大切さと厳しさ、真剣勝負であるというコトを学びました。
まだまだこのブログも始まったばかりですが、
きちんと続けていこうと思います。

経営者会報ブログ 久米繊維工業株式会社代表取締役 久米信行
[PR]
by haruya95 | 2007-12-08 11:45 | デザイン
足早な冬の訪れに
あっ…


という間に冬ですね。

木枯らしも一通りの仕事を終えたようです。
e0125059_21362671.jpg


滋賀県立大学の南駐車場から学部棟までのちょっとした道のりが好きです。

春には桜が咲き、
梅雨には紫陽花が佇み、
夏には小川で鴨が涼み、
秋には銀杏が彩り、
冬には鳥たちが木の実を求めてやってくる。

ここにはきちんとした生態系があります。
e0125059_21364587.jpg


キャンパスは琵琶湖、テキストは人間。


人を育み、環境も育む。

あらためてすばらしい大学に通っているんだと実感します。

学部棟への道を歩きながら
そんなことを考えていました。
[PR]
by haruya95 | 2007-12-06 21:51 | 徒然…
ヨーロッパその14
いよいよクライマックスです。
パリ2日目。

1日目にいったラロッシュジャンヌレ邸が想像以上によかったため、サヴォア邸にまで足を伸ばしてみることに。
基本的にこの旅では絵画や彫刻など芸術作品を多く見てきましたが、
ようやく建築の学生らしく、建築の見学に。

霧の濃い朝でした。
サヴォアへの道(大通りではないよこの道)は石の敷き詰められた古道といった感じで。
道ばたで話していたおばさんに道を聞いたり。

メルシーボクー。

その土地のコトバでありがとうを言う。
そこにサンキューでは伝わらない感謝の意を
精一杯表現しようと心がけていました。

サヴォア邸着。
霧の中に静かに佇んでいます。
e0125059_23383175.jpg


受付の方に
「あなたも日本人?」と聞かれ、
とっさに「僕も日本人だよ」と答え、
まわりを見渡してなっとく。

日本人がものすごく多い!

日本人が熱心で裕福だということを実感しました。

ともあれ、中を見学…

ががーん!
と衝撃が走ります。
こんなに豊かなガラスの使い方があるのか!と。
外部を内部に取り入れるとはこうゆうことかと思い知らされます。
e0125059_23385544.jpg


キッチンもちょっとアレンジすれば今でも十二分に快適なんじゃないかな?
広くて使いやすそうです。
e0125059_23395224.jpg

開口やファニチャーや色彩もとても豊かです。
e0125059_2340152.jpg


ちなみにサヴォア邸のゲートのところには
こんなミニサヴォアのような監視室があります。
e0125059_23404413.jpg



午後は前の日休館だったアラブ世界研究へ。

カメラの絞りのようなメカニカルなファサードです。
幼き頃、戦隊ものやメカ系を見て育った僕には
シュ…イーーーン、といいながら開閉するファサードは
ものすごくかっこよく見えてしまいます。
e0125059_23421479.jpg


この日はオルセーで締めくくりです。
e0125059_23422962.jpg


ゴッホ、モネ、ルノアール、ミレー、あげ始めたらきりがありません。

ゴッホの自画像との対面。
何かと向かい合っているはずなのに自分の深い部分へ迫っていくあの感じがとても好きです。

ただオルセーはルーブルより動線が流れるように計画されているのか、
人が入れ替わるスピードがものすごくはやい!

ゆっくり見たい派の僕には少し気になりました。

あ…という間に閉館時間に。
名残惜しくも名画たちに別れを告げ、
外の少しひんやりとした空気を吸い込み

パリの夜は暮れていきます。
次の日の朝一番のTGVでドイツに戻り、最後の日を迎えます。
いよいよ次回最終回です。

よーやく。
[PR]
by haruya95 | 2007-12-05 00:32 |
1-click Award
RMC(リクルートメディアコミュニケーション)の1-clickアワードコンペの提出終わりました。

内容は「大晦日の夜、テレビではなくWebを見てしまうしかけ」というお題。

PowerPointによる企画書形式での提出は初体験だったのでしどろもどろです。
何よりPowerPointに慣れていない。

「大晦日のテレビ番組」に対してはあまり興味のない95ですが
なぜ興味がでないのかを自分なりに整理しなおしたつもりです。

もしかしてマイノリティかも…
と思いつつも賛同してくださる方もいるんじゃないかなと思います。


とうとう年末になってきましたねー。
[PR]
by haruya95 | 2007-12-03 21:14 | デザイン


by haruya95
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
久郷 晴哉(クゴウハルヤ)
haruya kugo

1984年生まれ。

2007年
滋賀県立大学 環境科学部
環境・建築デザイン専攻
卒業
2009年
同大学大学院 環境科学研究科
卒業

現在はデザイン関係の仕事に
ついてます。

TOKYO POLAROIDS
SHIGA アカロイド



Links
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧