95's Diary

95の徒然なる日記です。
<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
てがきブログ
潜在的なニーズってそのソリューションを示した瞬間に
爆発的な繁殖をみせます。

e0125059_2242137.jpg


ITmedia Newsのニュースで手がきブログというサイトが紹介されています。
公開からわずか4ヶ月で5万ユーザーを突破したそうです。

考えてみれば驚くほど簡単。
文字を書こうが、絵を描こうが勝手なんですからね。
けど、そのシステムってきっとものすごいんでしょうね。


絵はちょっと…という人がいるように
文章はちょっと…という人にはぴったりのブログかもしれません。

現在はコミック系の絵が多いですが、
今後の機能拡張を含め、
いろんな可能性を秘めていそうです。

このドナルドとかすげー!
http://pipa.jp/tegaki/VBlog.jsp?ID=33612&TD=332930
[PR]
by haruya95 | 2008-03-29 22:48 | Web
でんきゅー
e0125059_21303274.jpg


ちょっといまさら的なネタですが

どうなっているでしょう?




















e0125059_21304457.jpg


意外と知らない人もまだ多いようです。

100%のLamp/Lampというプロダクトです。

電球のカタチって私たちの意識の中にイコンとして存在しています。
「電球」と聞けば、多くの人が同じカタチを思い浮かべるでしょう。
そのイコンとしてのカタチを、ほんの少しだけずらしたデザインです。

100%のデザインって私たちが日頃持っている意識を
ほんの少しだけずらしてくれます。
そのほんの少しのズレは
誰もが気づきそうで、誰も気づかないようなものであり、
それはまるでマジックや数学に似ているようです。

言われてみて、はっと、なって気づく。
それが私たちにはとても新鮮に感じられるんですよね。


そしてたいていのマジックや数学の答えと同じように
そこにはきちんとした工夫があります。

e0125059_2242884.jpg

中はこんなんになってたり、
電球自体もどうやら真ん中で2枚をはりあわせてあるようです。

そうした細かい工夫や、職人の技術が、デザインを支えているんですよね。


以前いただいたものですが、
吊るすか置くかで今迷ってます。
[PR]
by haruya95 | 2008-03-28 21:56 | デザイン
スパイラル!
今日は兵庫に行ってきました。

朝から18切符を忘れるという愚挙を起こしながらも
まずは大丸神戸店「小堀遠州 美の出会い展」に到着。

小堀遠州はよく「綺麗さび」の茶人としてあげられます。
江戸時代には
「織理屈 綺麗キャパは遠州 お姫宗和に ムサシ宗旦」といい、

田織部は理屈っぽく
遠州好みは切れ味のよい刃物ようにきっぱりしていて
金森宗和はお姫様風の華奢好み
千宗旦はわび茶に徹している

といわれていたそうです。

しかし、途中にあるピンピカピンの茶室にくらくら
天井がアルミで全面プラチナ箔張り、蛍光灯!

あまりのピンピカピンに意識がスパイラルです。

大丸をでた後は一目散に次の美術館へ

とはいかず、あかんやろなーと思いながら
ふらふらと東急ハンズへ

ハンズスパイラルにしっかり飲み込まれ

脱出する頃にはに相当の時間が…。

ようやく兵庫県立美術館へ
e0125059_219263.jpg

だいたい3年ぶりくらいになるでしょうか。

そうそう、こんなんやったと一人盛り上がってました。

「叫び」こそありませんでしたが、
「声/夏の夜」「病める子供」「不安」など
展示内容は充実したものだったと思います。

ムンクの作品をこうして一度にたくさん見るのは
初めてでしたが、なんとも圧巻。

一般的に「暗い」とか「歪んでる」といったイメージの強いムンクですが、
多くの作品には「愛」とか「生命」といった題材がとても多く、
中には明るい色調の絵なんかもあります。

子供部屋の壁画の仕事で
「子供の部屋だから風景画とかにしてくれ」と言われて
それでも公園で愛し合う男女の絵を描いたほどです。
(結局そうした絵は受け取ってもらえなかった)

特にムンクの描く女性の表情が様々に感情を讃えていて
いろんな感情の入り交じった官能的なものから
生と死や愛情を感じさせるものまで
ほんとに魅力的に感じられました。

ムンクの見え方が変わりましたね。


あ、こんなところにもスパイラルが…
e0125059_2191413.jpg

[PR]
by haruya95 | 2008-03-27 21:35 | アート
詳しくはWebで…
ネットのチカラはたしかにすごい。

HPをつくって、Web上できちんと広報すれば、
波状効果をもってどんどん広がっていく。

完全に情報伝達の体系自体が変わったんだろうなー。

今までは「いかにその本質を伝えるか?」に近かったようにおもうけど、
この膨大な情報の中では「いかに検索させるか?」に重点が置かれてる。


例えば、CMなんかがいい例。

Webという二次的な広告媒体があるために
15秒という短い間に、
その本質や有益生を100%伝える必要がなくなった。

そのためにCMの自由度は飛躍的に上がり、
結果としておもしろい(よくわからない?)CMが増えたんじゃないかな。

もうおなじみになった、「詳しくはWebで…」のヒトコト。

あのあとには「あなたが調べて下さいね」というコトバが続くはず。

つまり、広告側が伝えて視聴者が受け取る受動的な状態ではなく、
視聴者側が「調べる」という能動的態度をとることになる。

要は、CMを窓口として、その情報を知りたいと思わせればいい。

テレビなんかいまだに一方的な状態が多いけど、
(視聴者参加型みたいなのもあるけどね)
CMは大きく変わったんじゃないかな。

あとはネットの世界に無限に存在する情報、
それが「検索」を通して整理されたものを
選択すればいい。

リンクがリンクを呼び、
情報の世界はまた広がっていく。
[PR]
by haruya95 | 2008-03-26 14:48 | 徒然…
茶室完成!そして…
e0125059_232859.jpg


近江環人地域再生学座の実習で制作した茶室。

実は未完成のままだったけれど、
今日は2期生に集合をかけて完成させることに。

作業量はそんなになくて細かいところが多かったんだけど、
喋りながらやミスがでたりでのんびりと作業は進み、


e0125059_23283845.jpg

最後はみんなでお茶を飲みました。


そういえば、ちょっと聞いた話なんだけど、

以前のプロジェクト報告会である教授からよくわからない質問がでていて、
尾田くんと二人して納得がいかなかったことがありました。

それがウチの師匠へのあてつけであることが発覚(?)。
本人がそう言っていたらしい。

その教授は近江環人のコア教員であるだけに、
もし本当ならくだらなさ過ぎます。

たしかめてみようかな。
[PR]
by haruya95 | 2008-03-23 23:52 | 地域
77777
e0125059_12232029.jpg


とうとういっちゃいました。
4年目にして77777kmです。


そんだけ分温室効果ガスを排出してきたということ。

考えさせられます。
[PR]
by haruya95 | 2008-03-23 12:39 | 徒然…
卒業式
e0125059_1752232.jpg


今日は滋賀県立大学の卒業式でした。
松岡研究室卒業生一同から送られる梱包用紙です。
約30分の仕事です。

我ながら気持ちわ…もとい、
チャーミングですね。

ご卒業おめでとうございます。
[PR]
by haruya95 | 2008-03-22 17:09
マツケンお疲れ様会
e0125059_2333484.jpg


今日は研究室の追いコンでした。
もう仕事が始まっている人もいたりして、
仕事の話題や旅行の話など〜

というわけで先輩たちとは最後の晩餐だったわけですが、

多すぎて入りきっておりません。
最年長がはっちゃけてます。
メヂカラの強い人もいますねー。

とうとう研究室に"先輩"という人種がいなくなります。
しっかりせんとなーと思う今日この頃であります。
[PR]
by haruya95 | 2008-03-21 23:12 | 徒然…
コンペ告知


e0125059_047947.jpg







滋賀県の大津市石山にて空き店舗活用コンペを開催します。

もとはコンビニであった店舗を改装して
「まちのえき」として活用することを目的としています。

お題は「まちのコンビニ」です。

最優秀案は実施設計を行い、実現されます。そして賞金10万円です。

優秀賞は賞金3万円(2名)

くわしくは コチラ

多くのご参加、心よりお待ちしております。

石山コンペ 石山商店街 空き店舗活用コンペ まちのえきコンペ
[PR]
by haruya95 | 2008-03-18 18:27 | 建築
日常とデザイン
e0125059_22294352.jpg

デザインの世界って外から見てるとすごく華やかに見えるらしい。

友達から聞くデザインやってる人のイメージは…
「お洒落」「こだわり派」

ちなみに建築は…
「クール」「インテリ」「お洒落」「まじめ」

といった感じによく聞く。うーむ…。

けど、一つのデザイン・設計を行うのには必死の作業がそこにある。
一つのソリューションを出すのに
その何十倍、何百倍もの方法を考えたり。

けど、それが押しつけがましく見えるのは気をつけるべきで
「デザインしました」ってものを毎日見るのはしんどい。

サルビアくらいやわらかく穏やかなデザインがしたい。
プロダクトというより「日常」をデザインしている。

久しぶりにこの本を見ながらそんなことを思った。


求められるニーズを満たしながらも、
穏やかに楽しく日常を過ごすことのできるデザインが今の目標。

またキャラじゃないとか言われそうです。
[PR]
by haruya95 | 2008-03-16 22:35 | デザイン


by haruya95
プロフィールを見る
画像一覧
profile
久郷 晴哉(クゴウハルヤ)
haruya kugo

1984年生まれ。

2007年
滋賀県立大学 環境科学部
環境・建築デザイン専攻
卒業
2009年
同大学大学院 環境科学研究科
卒業

現在はデザイン関係の仕事に
ついてます。

TOKYO POLAROIDS
SHIGA アカロイド



Links
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧