95's Diary

95の徒然なる日記です。
<   2008年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
スケッチ・オブ・フランクゲーリー
e0125059_26467.jpg

ちょっと遅いですが、見ました。

レンタルで見つけて、せっかくだからとそのへんの人たちを誘ってみると

「俺も今ミースの持ってる」
「僕はカーン」

ってな感じで結局、
「スケッチ・オブ・フランクゲーリー」
「ESCOLA−Mies Van Der Rohe」
「マイアーキテクト」の3本立てのプチ上映会に。

「スケッチ・オブ・フランクゲーリー」以外は見たことがあったんですが、
改めて見ても、以前とは少し視点が変わっていておもしろい。

今回この3本のドキュメンタリーにおいて
決定的に違うのが「スケッチ・オブ・フランクゲーリー」のみ
本人が健在であるうちに撮られたドキュメンタリーであるということ。

「ESCOLA−Mies Van Der Rohe」
「マイアーキテクト」の2本はどこか神話的、物語的であるのに対して
(特にミースの神格化は激しかった)
「スケッチ・オブ・フランクゲーリーは対話的です(当然か)。


ご存知の通りフランク・ゲーリーはグッゲンハイムビルバオやヴィトラ家具美術館等でその名を知られる超有名建築家です。

以前「007ワールドイズノットイナフ」(たしか)の冒頭に
グッゲンハイムビルバオが街角の一角に現れるのですが、
街の中に溶け込んでいるような、それでいてなお歪な存在感を示すその建物のシーンは強烈に脳裏に焼き付いています。

「主張か、調和か」といったよくあるような主題を超越しているような
そんな印象を受けました。
次にヨーロッパ行くときには是非訪れたい場所ですね。

基本的には彼へのインタビューですが、
模型をざくざくとハサミで切って、テープで貼付けてるとこなんか
普段そういった模型の作り方をしない僕には圧巻です。

映画の中でゲーリーの建築に対してある人物が
「音楽的だ」と表現しているところがあって
彼の建築を表現するコトバとして、とてもしっくりくる感じがしました。
そうした感覚的なことを彼は建築に置いて3次元で表現しているんだよ、と。

初期の作品から追っていっているので、そうした感覚を解放していった道筋が設計・制作に関わる生々しさのようなものといっしょに描かれています。

なにより見ていて「手を動かしたくなった」映画でした。

カーンについては以前に書いてるし、ミースはまた今後ということで。
[PR]
by haruya95 | 2008-05-31 03:00 | 建築
ボタンスツール
e0125059_21481239.jpg


堀江スツール2に提出したボタンスツールの試作品が届きました。

まだちゃんとした写真は撮っていませんが

ひとまずパシャリ。
[PR]
by haruya95 | 2008-05-27 21:51 | 徒然…
伊藤くんと愉快な琵琶湖満喫ツアー
e0125059_1030561.jpg


コンペ2次審査から2週間

昨日は地域側との「まちのえき」についての意見交換を行いました。

最優秀賞である「hikutasu」の伊藤顕さんも
はるばる千葉から来て下さっての貴重な会合。

しかしせっかく来てもらったのに会議だけじゃ申し訳ない!


ということで

ぐるっと滋賀の風景を巡ってきました。
といっても時間の関係上高島市くらしか行けなかったんですけどね。


白髭神社→新旭町針江地区→畑の棚田→マキノのセコイヤ並木→海津大崎→滋賀県立大学→石山=琵琶湖一周?なんてコースです。



e0125059_10304141.jpg
針江地区での1シーン。
漁師さんのとった鮎をねらってる猫くん
針江にはとても豊かなわき水とともに、水と共に生きる生活が残ってます。

NHKなんかに取り上げられて以後、見学に訪れる方も多いそう。
ただ、やはりそこに住む人にとっては生活の場なので、
見学には要予約でガイドさんに案内してもらうことになります。

水脈や地質の関係で湧き出ている水は場所によってそれぞれ違うそうです。

ためしに飲み比べてみると…

たしかに違う。まろやかであったり、あっさりしていたり、様々でした。

ちなみに写真の一番上は針江地区の梅花藻。

e0125059_1031999.jpg

その後、畑地区の棚田へ。ちょっと曇り気味。

ここは今森光彦さんなんかの写真にもよく撮影されているところです。

新旭町の「びれっじ」やマキノのセコイヤ並木を経由して海津大崎へ

e0125059_10312384.jpg


今回まわった地域には、その地域の文化的な生活が今もなお行われている結果
それが「生活文化」としての美しさを得ているんじゃないかと感じました。

へたな保全活動が逆効果を生み出し、単なる見せ物に陥ったケースもあります。
一番大切なのはそれが現代の生活や状況にあったカタチで生活の一部であり続けること。

今回訪ねて一番感動したことは、そこに「生活」があったということ。

しかし、もちろん生活に合わなくなったり、使えなくなったりするケースも多いと思います。その場合はどうなるんでしょうか。

こうした文化の環境問題は今後もますます大きな問題になってくんじゃないかなと感じています。


…本当はこの後、石山めぐりをしようとしてたんだけど、
私の致命的なミスにより、大学へ戻った挙げ句、琵琶湖を一周するはめに…。

結局この日、伊藤さんは夜行バスで一晩揺られ、滋賀巡りの車に一日揺られ、また夜行バスで一晩揺られて帰ってもらうことに…。

すんません…。


e0125059_10314269.jpg

会議でのディスカッション風景。

これからがスタートです。
[PR]
by haruya95 | 2008-05-27 11:22 | 地域
Facebook日本上陸

e0125059_2442015.gif




SNS(スモールネットワーキングサービス)世界シェア第2位のFacebookが日本語版でのサービスを開始したそうです。

ちなみに1位はMySpaceです。
その人口は世界中で2億以上ののアカウントがあるとのこと。
これは音楽を主な媒体として巨大なコミュニティを形成しているそうです。

mixiは2千万人未満だからその規模はすごい。


で、このFacebookの大きな特徴は「実名での登録」であるということ。


ブログや日記を書くときに気をつけなければいけないのが、
それが不特定多数の人の目につくということ。

そこでなにかを書こうとしたとき、匿名という状態は
モラルと責任の問題を引き起こしやすいうえに、
信憑性が疑わしいことが多い。

例えば2チャンネルなんかはそうしたケースが多いですよね。

mixiなどは友人からの招待のみ、情報公開の制限などをかけているために
一見安心して使えるようだけど、
逆に相手のことがわからない状態は、僕にはとても不安に思えるわけで。


なにかを発言するときにはやはり何らかの責任がでてくる。


「名前は出さんけど、言いたいことはいう」なんてのは
ちょっと信用できないなーなんて思う久郷晴哉なわけです。
[PR]
by haruya95 | 2008-05-21 02:58 | Web
SUNSET SURFING
e0125059_20564645.jpg

  帰り道、湖岸沿いでカイトサーフィンをしてるところを発見。

  カメラを持って浜辺へ。

  ポロシャツの僕は、、、

  完全に浮いてまいた。

e0125059_2057686.jpg

  気持ちよさそう…。

e0125059_20582353.jpg

  夕日がきれいな日が続いています。
[PR]
by haruya95 | 2008-05-17 21:08 | 写真
Air vs G4
e0125059_2245399.jpg

が研究室に来てた。

もちろんうちの先生が買ったんだけど

G4をこばかにされたので…


ちょっと比べてみた。
e0125059_22455534.jpg

たしかに薄い…かも…。


e0125059_2246883.jpg

けど、横から見ると…


そうでもない?


まぁ持ってみたらやっぱ違うわけで。

くやしいからこんなYouTube載せてみました。



IBM Lenovo Ultra Portable PC versus Mac Book Air Buzz


これはえぐいよなぁ。

Air買う人はこんなんしないでしょーよ。


あ、ちなみに上のYouTubeっぽいのはリンクを張った画像です。
エキサイトブログではYouTubeの動画が取り扱えないので。

なんとかならんかなー。
[PR]
by haruya95 | 2008-05-16 23:16 | 徒然…
散歩道
e0125059_21291654.jpg
午後、図書館へ行くついでにカメラを持って散歩へ。

近江八幡の旧市街地、お堀のあたりをうろつく。

まだまだGX100に慣れてないので練習がてら。

散歩のコースとしてはいいよなーなんて思いながら

木漏れ日が気持ちいい。
e0125059_2129481.jpg
今日は日差しが強かったのか、鴨たちも木漏れ日に避難中。



やっぱり近江八幡のまちづくりは他とちょっと違ってたと思う。

まち「づくり」というより地域「再生」の一事例。

地域のコンテクストをきちんと解釈した上で、

地域の快適性を第一に整備しているから

観光地化していったところのような「けばけばしさ」が少ない。

e0125059_2130456.jpg
お地蔵さん。

うーーん、、まだまだ練習が必要だ!
[PR]
by haruya95 | 2008-05-15 21:46 | 写真
石山空き店舗活用コンペ2次審査会
e0125059_17252040.jpg

石山空き店舗コンペティションの2次審査が終わりました。


本当はこのブログでももっと書きたかったんですけどね。
(詳しくは近日中にコンペHPに掲載します)

昨年の11月に初めて地域の方々に
「まちのえき」をコンペとして全国から募集することを提案しました。

現在の石山にとっての課題は「地域資源の発掘・整理・発信」です。
e0125059_17593848.jpg

そこに地域住民や学生を巻き込んで行えればと考え、それが今の2つのコンペティションに繋がりました。


今回感じたのはコンペに関して正解も不正解もないということ。
最優秀賞が正解ではなく、今回は選ばれたという事実。

むしろこれからどうしていくかが本当の問題へのチャレンジです。


今回のコンペももう少しじっくりとつくり込みたかったのが正直な意見です。
地域との意識のギャップを埋めきれないままに突っ走ってしまったのかなと思います。

本当の「まちづくり」はまちの人にしかできないと考えています。わたしたちは引っ張っていくのではなく、そっと背中を押す方に回らなければならないのでしょう。
気をつけていたつもりでしたが、振り返ってみると反省点も多いです。多くの課題もまた見えました。


私が関わっていられるのもおそらく今年一杯でしょう。

そのあいだに何が変えられるか。

もちろん地域を変えることは時間からいって当然無理な話です。
しかし、今後地域が変わっていくための「人のつながり」や「意識」をデザインできたらと思います。
e0125059_17384339.jpg

当日は本当にいろんな方とお話させて頂きましたが、もっとお聞きしたかったのが本音です。また機会があれば来て頂いた方とは飲みにいってみたいですね。

学生や関係者、地域の来て頂いた方それぞれに何か一つでも発見があったのなら、この2次審査会も意味があったのではないかと思います。

とても貴重な経験をさせて頂きました。
来て頂いた方皆さんに心から感謝いたします。



またこのような機会が設けられるといいなぁ。

e0125059_17332913.jpg
これじゃ誰も入ってこねー。


e0125059_17382417.jpg
食らいつくスタッフ。
[PR]
by haruya95 | 2008-05-12 17:57 | 地域
シューカッツ
RMCのセミナー+筆記試験行ってきました。
なんとcopa氏と遭遇。

世間はせめーなー。


内容としては広告作成プロセスの体験セミナーだったんだけど、
グループワークみたいなのは初めてだったんで

かなり新鮮。

つーかグループに理系少な!!

スピーディな展開ながらも終始にぎやかなムードで。

「広告は誰も見ていない」というのは聞いたことあったけど
「見たところで基本的に人は疑う」とのこと。
そのために数字があり、事実の提示がある。

なるほど…。たしかに。

それでも疑う人を動かすチカラをデザインすることの難しさ。
どういったシーンでなぜその人が広告を見るか?

誰に?何を?何処で?どうやって?
という当たり前の問いに対する考察の深さが大切。


筆記試験は案の定SPIで。
言語、非言語はともかく(汗)
あの適正検査が困ってしまいます…。


粘り強く?あきらめが肝心? …ケースバイケース。

休日は家にいるのが好き?出かけるのが好き? …どっちも好きです。

他人に迷惑をかけたことがない? …ないわけないでしょ。


この手の2択問題はどちらかしか選ぶことができず、
価値観を矯正されているようで少し苦手です。


帰りは高知から来て夜行バス決定になった
グループの中で僕以外唯一の理系の人と軽くメシに。

Q:やっぱこーゆーのもシュウカツの醍醐味ですよね?

A:まじめにやれ。

はい。
[PR]
by haruya95 | 2008-05-10 01:28 | 徒然…
ダラダラ君とコツコツ君
自主ゼミ始めました。

とりあえず同じ階の修士2回生に声をかけてみましたが

スタンスは「来るもの拒まず、去る者追わず」です。


基本的には締め切りがないとだらだらしてしまうよーな
ダメダメ君(俺)対象なんで。

とはいうものの今日は6人くらい集まってそれぞれが
今考えてること、取り組んでる活動なんかに関して説明してみました。

「そんなのその分野に関してコメントなんてできないっしょ」
といっていたM野君が一番ノリノリでコメントしてましたね。

たしかに研究している人にその分野に関して
ツッコミを入れることは難しいですが、
そうではない別の視点からできればいいと思っています。

今日もそういう類いのコメントが多かったし。

それに話すことで整理される部分も大きいかと思います。

といあえずはスタートを切りましょう。

キックオフです。

これから隔週でやりまっせ!

目指せ、コツコツ君!!
[PR]
by haruya95 | 2008-05-07 22:42 | 徒然…


by haruya95
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
profile
久郷 晴哉(クゴウハルヤ)
haruya kugo

1984年生まれ。

2007年
滋賀県立大学 環境科学部
環境・建築デザイン専攻
卒業
2009年
同大学大学院 環境科学研究科
卒業

現在はデザイン関係の仕事に
ついてます。

TOKYO POLAROIDS
SHIGA アカロイド



Links
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧