95's Diary

95の徒然なる日記です。
<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
static dream
24になった朝に人生で一番恐ろしい夢を見ました。

もうそれは発狂すんじゃねーかってくらい恐ろしかったです。

おもわず叫んで目が覚めました。


内容は憶えていません。

というより、そもそも内容なんてなかったです。

その夢がムービーではなく"静止画"だったから。

悪夢だったかさえわかりません。

それを判断する文脈そのものがないからです。


あらゆる事象がカチッと音を立てて繋がる瞬間。

本当にぞっとするときってそんな一瞬ですよね。

アイデアが思いつくような瞬間に近いですが、

もっと多くのいろんな複雑なコトがたったヒトツに繋がるような…

閃光のような夢でした。


そんなこんなな人生25年目のスタートです。
[PR]
by haruya95 | 2008-07-30 08:02 | 徒然…
エミリ・ウングワレー展
e0125059_1415247.jpg
エミリ・ウングワレー展、最終日に行ってきました。

実は前回の行ったときが休館日だったという凡ミスを犯してしまったので、
リベンジ(?)なのです。

最終日だからか、平日の日中にも関わらず割と人は多かったですね。


e0125059_14162151.jpg

エミリーの絵には天地左右がないらしいです。

キャンパスを地面において、端から描いていくために
普通なら持っている絵自体は天地左右といった指向性をもっていません。
それどころか、円に描かれた作品もあるため、方向性すらなく、
「平面上に広がっている」といった印象です。


ただ、やはり絵は壁に掛けられて飾られます。

こうして飾られるときには、その文脈にそって
キュレーターが絵の上下やレイアウトを決めるのだそうです。

だからキュレーターの腕がすごく問われる。


絵自体の迫力がものすごいですが、
一番感銘を受けたのはユートピアルームと呼ばれる
アボリジニの生活やペイントされた工芸品が展示された一角でした。

エミリーの絵はボディペインティングを基礎としているため
平面より、立体に描かれる方が、その迫力や文脈がより鮮明になります。

本来描かれるべき姿としてあるからでしょうか。

あまりゆっくり見れる時間がなかったのが、少し残念でしたが、
密度の高い展覧会でした。
[PR]
by haruya95 | 2008-07-29 14:19 | アート
コミュニケーションとWeb
e0125059_1161687.jpg

最近Skypeを使ったweb会議をはじめました。

とても便利になった反面、あらためてその不便さが見えてきます。

機能面のことをいうと、複数名でのビデオ会議が元々の状態ではできないし(プラグインが必要)、macに関してはプラグインさえ皆無。iChatを使えよということなんでしょうか…。

ともあれ、インターネット環境がいかに整備され、私たちがその恩恵を受けているかを感じます。日本においてインターネットは一般的に普及し、距離を超えてリアルタイムでの通話やデータ交換が容易に、そして安価にできるようになりました。伝達速度に関して、物理的な方法から比べるとそれは圧倒的な差です。

ですが、同時に妙なほんの小さな虚無感のようなものも感じるのも事実です。
おそらくリアルでのコミュニケーションの何倍もの時間を要するし、肝心な部分が伝わっているのか不安になります。


いかにリアルでのコミュニケーションが多くの情報を伝えているかということ。

言い換えれば、人のコミュニケーションはテキストや言語のみでは到底カバーしきれないということを示してくれているようです。


テキストデータによって会話がなされ、絵文字がないと感情が伝わりにくいという。
はたして本当にそうでしょうか?


インターネットの普及はコミュニティの輪を広げ、
モバイル機器の普及はその形式を変化させました。

けれど、人のコミュニケーションの根っこのような部分はそう簡単には変わらないと思っています。いや、もしかしたらそう信じたいだけで、本当はもうとっくに変わっているのかもしれません。

時代はどんどんアップデートされ、私たちは必至にそれに追いつこうとします。でも、その先にコミュニケーションの本質の向上はないと思っています。

結局それらは伝えるためのツールでしかなく、「伝える」ということを考えることが大切なのだと思います。
[PR]
by haruya95 | 2008-07-24 02:24 | Web
3つ年上
e0125059_15404521.jpg
去年から愛用のSX-70。

昨日聞いた話だとSX-70にはシリアルがついていて、
いつ造られたモデルなのかこのサイトでわかるのだそう。


さっそくシリアルを入れてみると…



Your camera has the Alpha 1 shutter design with the Alpha "K" focus wheel.

Your camera is probably an SX-70 Sonar OneStep.

The serial number itself is: 5497

Your camera was made on July 7, 1981 during the A shift.



とでた。

ん?probably?

「たぶんSX-70 Sonar OneStepなんじゃないの。」ってこと?


誕生日は1981年の7月7日ですかー。近いなぁ。

というか、年上だったのねーー。


僕が持っているのはフラッシュが単体として別にあるんですが、
みんなには珍しいようで。

昨日撮った一枚。
e0125059_15495224.jpg


ほかのポラはこちらにあります→SHIGA POLAROIDS

滋賀でポラロイドユーザーの方いっしょにいかがですかー??
[PR]
by haruya95 | 2008-07-21 15:51 | 写真
ポラロイド×ポラロイド
e0125059_1411599.jpg
心斎橋にあるAcruというギャラリーへPolaroid Group exhibition
を見に行ってきました。

というのも僕も参加しているTOKYO POLAROIDSというサイトを立ち上げられた皆さんが来られるというコトで、「コレは是非会ってみたい」と押し掛けてきました。

会場は本当にカメラ好きの方が多く、いたるところで撮影会。(笑)

バシャ!ウィーーーン〜…

という音がそれこそひっきりなしに聞こえてきます。

僕も一日に一箱以上撮ったのは初めてです。

e0125059_1412840.jpg

TOKYOのみなさん。


本当にいろんな撮り方をされていて、ポラの持つ可能性を垣間見た気がします。

東京はもとより高知や奈良からも来られていました。
こうして輪が広がっていく感じがすごく好きです。
e0125059_1414165.jpg
この展覧会は7月20日から5週間、毎週ちがったポラロイドの展示が行われます。
地下1階がギャラリーになっていて、自ら塗られたという壁や家具がアットホームでお洒落なところです。写真に囲まれながらコーヒーで一息なんかも。1階はアクセサリーやカメラ関係のもののお店になっているので、カメラ好きにもそうでない人も是非!!
できることなら、全グループ見てぇ!!

詳しくはコチラ
[PR]
by haruya95 | 2008-07-21 01:56 | 写真
六ヶ所村ラプソディー
e0125059_23354864.jpg
いろんな人から話を聞くうちに見てみたくなった「六ヶ所村ラプソディー」

「ケンダイ映画館をつくる準備会」の主催で大学で上映会が行われるらしいという話を聞きつけ、見てきました。

舞台は青森県六カ所村、核燃料再処理工場を巡る人間模様を描いたドキュメンタリーです。

核燃料再処理工場反対!という立場ではなく、あくまで「中立」として映画を制作しているのが印象的でした。そのあたりは「不都合な真実」とは対照的。

映画では「800トンの核廃棄物を再処理して得られるプルトニウムは8トン程度」だと説明されていました。つまり残りの792トンはより放射性物質の濃度の高い核廃棄物になって残るということ。その核廃棄物が安全な状態にまで戻るのはおよそ100万年かかるのだそうです。「地中300メートル以上深く埋められているから安全」と言われていますが、本当に300メートルでいいのかわかりません。さらにいえば、日本のような地震の多い国で今後100万年間で廃棄施設が地震の被害を受けるともわからない。

「そのころには死んでるやん」と思うなかれ。これからの100万年間、私たち以降の世代が危険にさらされ続けることになります。なぜ日本政府はこれほどまでにリスクの高い原子力発電に依存し続けているのでしょうか?

確かに私たちの生産生活はもはや電力なしではできなくなりつつあります。大量の電気を消費しなければ、このブログも書けないでしょう。「だからこそ原子力が必要だ」ではなく、今の生活のありようと、今後100万年のあり方を考えなければいけないのでしょう。
[PR]
by haruya95 | 2008-07-20 01:35 | 徒然…
夏の道の途中に
e0125059_22393151.jpg

大学へ行く途中、道沿いに向日葵が一面に咲いていた。


おもわず車から降りてカメラを向ける。






けど、



e0125059_22504631.jpg
季節が過ぎて朽ちていく紫陽花に美しさを感じるのです。
[PR]
by haruya95 | 2008-07-19 22:51 | 徒然…
地域再生研究会にて
滋賀県立大学にある地域づくり教育研究センターという組織が主催する「地域再生研究会」にて石山のコンペプロジェクトについてプレゼンテーションをさせて頂きました。
e0125059_1072434.jpg

大きくは石山プロジェクトの背景、問題、課題からコンペという手法を用いた理由、期待される効果、結果、考察などについてです。


「地域再生」を考える上で、「地域」の「再生」とは何なのか?という問題に対して、私たちは

そこに住われている人の何かを起こそうとするチカラ、「住民力」を、様々なアクションを起こせる状態までに「回復」

を行うことだと考えました。
それにはやはり、地域の人々をいかにして巻き込んでいくかが重要であると考えます。

そこで学生サイドの共通認識として「なんとかせなあかんスパイラル的まちづくり」という考え方を掲げました。
e0125059_959092.jpg

私たち学生が行っていることは、“何とかせなあかん”と考えている商店街に対しての、きっかけづくりに過ぎません。その域を超えることは地域に住われている方の自主性を阻害するものであり、次のステップに移ることができない可能性があります。あくまで、きっかけを提供し、企画・運営補助を行なうまでが私たちの仕掛けるべきところです。

イベントは単発的なものではなく、前回のイベントをふまえ、次のイベントを企画そして実行をし、さらにまちに定着するように継続化させることが大切です。そして住民のイベントに対する期待、“おもしろいやん”“何かしようやんか”という意識をその地域に根付かせ、地域が地域のためにイベントを運営していくようになることが、私たちの目指す“なんとかせなあかん”スパイラル的まちづくりです。

今回のプロジェクトを通して商店街の方や、近くに住まわれている方から「今、何が地域の微妙な変化に対して対応できるか見直す良い機会だった。」、「石山のことが良く知れて楽しい」などの生の声を聞くことができました。これはスパイラルの第2段階、関係者の方に「おもしろいやん」と思わせるところまでは進んだことを表していると思います。まだまだ動き始めたばかりですが。



地域再生におけるカギはいかなる地域でも「結局のところ、人。」
だと思います。

そこに住われている人の何かを起こそうとするチカラ、「住民力」を、様々なアクションを起こせる状態までに「回復」させるためにはまずは、人と人のコミュニケーションと自主性が大切であり、例えば、コアパーソン、キーパーソンとなる人たちの背中をいかに押すか?地域に住われている方にいかに参加してもらうか?

つまりは地域に住んでおられる人々をいかにして巻き込んでいくか?を考える必要があります。

そうして巻き込んでいくための「きっかけ」とその「しくみ」づくりが大切であり、こうした一連のコンペプロジェクトではそれらの「きっかけ」と「しくみ」を生み出す、一つの事例をつくり出せたのではないかと思っています。

これまで主体としてプロジェクトに関わってきましたが、ひとまず一区切りです。幸い優秀な後輩たちが引き継いでくれていますので、今後の展開がとても楽しみです。もちろん、プロジェクトから抜けるわけではなく、主体が変わったというだけのこと。目の上のタンコブにならないよう気をつけなければ。
[PR]
by haruya95 | 2008-07-19 10:23 | 地域
5年ぶり!!
e0125059_0591761.jpg

ここ2、3日デッサンしております。

実に5年ぶりです。

まったく思った通りにいきません。

もともとガッツリやっていたわけでもないので、まぁあたりまえか…。

ただデザインを勉強するようになってモノを多少見ているからでしょうか、

カタチをとる時間は以前ほどかからなくなりました。


昔は「モノのある空間をかけ」と言われてなんのことやらさっぱりでしたが、

今はわかる部分があります。(描けてるかは別問題として…)


思うに、それぞれの要素が

どう関係しているか?

どう影響しているか?

を描いてやることなのかなと。

それぞれの関係や影響が見て取れれば、そこにある空間が見えてくる。

これっていろんな見方に通じているような気がします。

批評することと似ていますね。


今更ながらに勉強になります。
[PR]
by haruya95 | 2008-07-14 01:14 | デザイン
7月11日
e0125059_2311522.jpg

iPhone 3Gとうとうでましたね。

徹夜組も出て、11日に買えなかった人もいるとか。

平和なんですね。


iPhoneのCMも一般放送されていましたが、

なかなかすごい。

なにがすごいって

APPLE、ソフトバンクのことがヒトコトも一文字もでてきません。

ちらっと最後にリンゴがでてくるだけです。

このCM→



そうそう、ちょうどこの日に大学で安藤忠雄氏の公開講座がありました。

安藤さんは期待を裏切りませんねー。
[PR]
by haruya95 | 2008-07-12 23:26 | 徒然…


by haruya95
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
profile
久郷 晴哉(クゴウハルヤ)
haruya kugo

1984年生まれ。

2007年
滋賀県立大学 環境科学部
環境・建築デザイン専攻
卒業
2009年
同大学大学院 環境科学研究科
卒業

現在はデザイン関係の仕事に
ついてます。

TOKYO POLAROIDS
SHIGA アカロイド



Links
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧