95's Diary

95の徒然なる日記です。
<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
潤しく麗しい浄瑠璃寺
e0125059_20185655.jpg

毎月恒例のハナメガネにいってきました。
といってもここしばらく休憩していたので、ひさしぶりの活動再開となります。

今回はちょっと遠出して奈良方面に。結局弾丸ツアーになってしまい、ゆっくり見れたのは最初の目的地のみとなってしまいました。なにはともあれまずは浄瑠璃寺へ。


京都府の木津川市にある浄瑠璃寺は、市街地からはずいぶんと離れているため、同じ京都府のお寺にしてもずいぶんと雰囲気が違います。なにより静かです。

浄瑠璃寺は東の薬師仏をまつる三重塔、中央宝池、西の九体阿弥陀仏堂から構成されており、この寺では宝池の対岸から西の阿弥陀仏に向かって礼拝するのが本来の形式だそうです。

浄瑠璃寺の浄瑠璃とは、西の極楽浄土に対をなす、薬師如来の居所たる東方浄土「東方浄瑠璃世界」に由来するそうです。ちなみに浄瑠璃世界とは静寂と清浄の世界だといわれています。

明け方の陽が昇り、空が漆黒から赤みがかった青を経て色彩を取り戻していく様は、昔の人々にとってまさに浄土であり、その透明で清らかな色あいを「瑠璃色」とよんだのではないでしょうか。

本堂には9対の阿弥陀像が横一列に安置されており、そのため横長の堂となっています。建立は嘉承2年(1107年)とされ、国宝に指定されています。→Wiki


対岸から見る様は寂れた気品のようなものがあり、宝池を囲むの自然の彩りの世界に静かに佇んでいるようです。
そんな佇まいに枯れてなお後に残る潤いや麗しさのようなものを感じました。

行楽シーズンということもあり、団体での来訪者が多かったのですが、ぜひもう一度ひっそりとのんびりと、紫陽花の咲く季節にでも訪れてみたいと思います。
[PR]
by haruya95 | 2008-10-30 20:28 | 建築
Nostalgia for the New world
e0125059_14413.jpg

Acruでのセルフポートレイト展の搬出のときに、空き時間に大阪の新世界に行ってきました。


いまでは東京の浅草とともに下町文化として語られることが多いですが、浅草と同じようにものを感じました。あまり的確な表現ができないのですが、近いコトバを出すとすれば「資本」のようなものだと思います。

個人的にはもっとごちゃごちゃしているかと思っていました。しかし、観光地化されたされたこの地域は、それはもう清潔で、それゆえにどこか病的な印象がしました。

道を少し外れた薄暗い商店街のほうが店の主人達が声をかけ合っていたりして、大阪の生活や匂い(いい意味で)といったリアルを感じることができます。

観光地化された地域の多くはとても清潔です。

潔癖といっていいほどきちんと管理がなされていて、生活や文化の匂いのようなものを感じることはできません。
それは「観光地化」が本質的に「演出」であることを物語っているかのようです。「演出」に「リアル」は必要とされません。客という「主人公」が立つ「舞台」をつくりだすには、「リアル」では成り立たないからです。そうして「観光地化」していったところでは人もどこか役者じみているように感じます。

「舞台」としてつくり上げられたそれは、近くにあるフェスティバルゲートに代表されるような、多くのアミューズメントパークのように、いずれノスタルジーとして消費されていくのでしょうか。すべてだとは思いませんが、多くがその道を歩んでいることは疑いようのないことだと感じています。

ブームとばかりにすすめられる「まちづくり」ですが、単純に「まちづくり=観光地化」と考える危険性はこういった部分にも潜んでいると思います。

今回は浅草と新世界を短い期間の中で見れたのが大きかったのかもしれません。

e0125059_173568.jpg
RICOH Caplio GX100
[PR]
by haruya95 | 2008-10-28 01:27 | 地域
まさか!!!
えー、このブログを始めて約1年半になりますが、

タイトルが
間違っておりました。


「95's Dairy」になっておりましたが、、、

ただしくは「95's Diary」です。

いままでのだと「クゴウのバター・チーズ製造所」となるみたいです。


あ、アホすぎる…。


"ちゃんと"「95's Dairy」と検索されて来られている方もいるみたいで…

すみません。すみません。ほんとすみません。


そんな痛すぎるミスに1年半も気づかないような僕ですが

これからもどうかよろしくしてやってくださいm(_ _)m


ということでプチリニューアルスタートです。笑
[PR]
by haruya95 | 2008-10-25 23:21
あしたまで
e0125059_0482284.jpg

Acruで出させてもらってた「I my me」展も明日25日(土)が最終日となります。

ということで、展示風景公開。

こんな構成で出させてもらいました(写真は搬入時)。


土曜日は僕もお昼くらいにお邪魔して、夕方の搬出に参加します。

よろしければ覗いてみてください。
[PR]
by haruya95 | 2008-10-24 00:59 | 写真
Rollei35S×KodakBW400CN
e0125059_0421824.jpg

Roolei35で撮ったモノクロ写真が現像されてきました。

やっぱりこのコンパクトなデザインがたまらない。

つねに持ち歩いてスナップ写真なんかを撮りたい感じです。

フィルムはKodak BW400CNを使用。

このフィルムはどうも少しセピアがかった暖かな感じの黒がでる。

シャープさやパリッとした感じは出にくいかもしれないけれど、

そのぶんポートレートとかも撮ってみたくなった。



ただいまいろいろと試してみてます。


写真はいとこの子供。

なんでも今日は50年に一度の「おちごさん」というものがあって、

おめかしして町を歩いて回ってました。

僕は写真係として出動。

ほとんどは一眼レフで撮ってたけど、

何枚かだけ趣味的にローライで撮影。


e0125059_04322.jpg

いとこの家にあったバギー。

これで子供乗せてお出かけとか憧れるなー。
[PR]
by haruya95 | 2008-10-20 01:22
雲一つない
e0125059_1934596.jpg

本日は快晴なり。
[PR]
by haruya95 | 2008-10-18 19:37 | 写真
日々
e0125059_17265859.jpg

毎日琵琶湖を眺めながら大学へ通っています。


日々刻々と変わる琵琶湖の色彩、表情。

秋空を映す透明なブルーに、やわらかな紺碧、

静かな曇り空のグレイに、くすんだ土色。

ここにいるとそうした風情や季節の変化を身近に感じる事ができる。


e0125059_17272846.jpg

グラウンド横のところどころ色づき始めたイチョウを見ながら

そんな事を考えています。
[PR]
by haruya95 | 2008-10-16 17:31 | 徒然…
スポットライトは…どこに…?
e0125059_1323655.jpg

でましたね。

新しいMacBookMacBookPro
そしてLED Cinema Display
さらにはMacBookAirのスペック向上。

ラインナップが大幅に更新されましたね。

ただ、「The spotlight turns to notebooks.」というフレーズが発表前に使われていましたが、どのようにスポットライトが当てられたのかが、ちょっとわかりにくいです。

個々には大幅な変更点は少なく、これまでProの代名詞だったアルミボディがMacBookに採用されたり、従来の白いMacbookが1000ドル以下ででたり、トラックパッドにクリックボタンが無くなったり。
それでもやはりパフォーマンスの向上と価格の据え置きはなされていますね。

800ドル以下の小さなMacBook nanoのようなものを期待しておりましたが、市場にはその手のラインナップが溢れていながらまだまだ未成熟なため、AppleにしてみたらiPhoneを出した時点で、そこに現段階で入ってゆくメリットは少なかったのでしょうか。

一つ気になったのが、Appleのサイトが最近XGAサイズ(1024×768)以上で構成されていること。
iBookやPowerBookの12インチモデルであれば、表示しきれません。
特にWebの場合、縦に対して表示しきれていないページ以上に、横に表示しきれていないページの方が格段に気になります。ユーザーインタフェースに長けているAppleですが、現在の一般的な解像度に合わせての構成でしょう。

古いモデルや構成はどんどん切り捨てるところも、
Appleらしーといえば、らしいか。
[PR]
by haruya95 | 2008-10-15 13:49 | デザイン
波紋音の波に揺られて
e0125059_10295698.jpg

なんやかんやで未更新だった記事が多いこの頃。

土曜日には天籟宮で行われた永田砂知子さんの演奏会「波紋音-HAMON-」
に行ってきました。

今回はちょっとしたスタッフとして参加させて頂きました。
カメラ係ということで特等席で鑑賞できたり。


永田さんは滋賀での演奏会は初めてだそうで、
前回来られた際に小板橋慶子さんの繭の作品に
感銘を受けられ、演奏してみたいと思われたそうです。


波紋音の生演奏は初めて聴いたのですが、
音の一つ一つが水面に起こる大小様々な波紋のようにひろがっていきます。
それが幾重にも重なり、共振を起こし、
どこか規則的に、そしてどこか不規則的に
音が次々と打ち寄せる波のように溢れ出していました。


自分の体がいっしょに共振を起こしているような、そんな感覚でした。

「波紋音」という楽器の名前にすごく納得。

もっといろんな人に聴いてもらいたいと思う演奏会でした。
一般の人が少なかったのは少し残念。


演奏の後、永田さんとのお話の中で、このブログを見て頂いていたことが判明。
最近ちょっとふざけた記事(?)が多かったことに反省しつつも
うれしい95でした。

e0125059_10345969.jpg

庭先には大きなキンモクセイが香りを放っていて、
秋が過ぎて行くのを感じます。
[PR]
by haruya95 | 2008-10-15 10:46 | アート
ネームカード
e0125059_23555829.jpg

セルフポートレイトの作品も完成し、いよいよ明日搬入です。


10日着の郵送に間に合わなかったんで、直で行ってきます!

そんときにネームカードでもあったらいいよなーってことで

つくりました。

かなりシンプルにポラ仕様です。

なんと全10種類!

お好きなのをどうぞってことで。笑
[PR]
by haruya95 | 2008-10-11 00:05 | デザイン


by haruya95
プロフィールを見る
画像一覧
profile
久郷 晴哉(クゴウハルヤ)
haruya kugo

1984年生まれ。

2007年
滋賀県立大学 環境科学部
環境・建築デザイン専攻
卒業
2009年
同大学大学院 環境科学研究科
卒業

現在はデザイン関係の仕事に
ついてます。

TOKYO POLAROIDS
SHIGA アカロイド



Links
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧